【クラシカル柄】マシュマロ女子・えんどぅー の夏ファッション

2021.07.04

この夏、押さえておくべきトレンドワードを紹介する本企画
今回はえんどぅーボタニカル柄の着こなしを紹介します。


ノスタルジックサマーが今の気分!
夏を前に、レトロなムードの柄物が急増中。花柄などの定番柄でもやや渋めの色使いが目立ちます。早速、いつものコーデにクラシカルな柄物をMIXして、流行を先取りしてみてはいかが?


ボタニカル柄

ボタニカル柄とは、花や草木などの植物柄のこと。花モチーフと草木モチーフの割合によって、ガーリーにもナチュラルにもシフトする。

[モデル:えんどぅー Height:164cm Weight:88kg B105 W88 H120]

花柄のフレアスカートはフェミニンスタイルの代名詞。
大振りの花柄をボトムスで取り入れるとバランスよくまとまる。花柄ギャザーロング丈スカート L~10L ¥5,990/スマイルランド プルオーバーブラウス M~5L ¥4,950/LAVEANGE イヤリング ¥1,650/OSEWAYA(お世話や) 巾着バッグ ¥7,500、サンダル 22~26cm ¥6,500/共にオリエンタルトラフィック(ダブルエー)


ボタニカル柄を上手に取り入れるコツは、柄の色と小物の色を合わせること。難しい配色の柄でもバランスよくまとめることができる。


右.ピンクのブラウスを合わせてレトロガーリーを楽しみたい。ロングフレアスカート LL~4L ¥3,300/クレット
左.ラフに着られるカットソー素材。フラワープリントトップス 15、19号 ¥9,790/super hakka feuille(HAKKA)

Photographs/Takeshi Sasaki
Hair&Make-up/mai(NORD)
Styling/Emi Kinoshita
Edit&Text/Uiko Kurihara
※服のクレジットはアイテム名 サイズ展開 ¥~(税込)の順で表記しています。

PICK UPピックアップ

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2022年7月号]

7月号

発売日

2022年 05月 19日