【医師が教える】寝るだけでキレイになれる「睡眠美容」のススメ

2021.07.18

最近話題の「睡眠美容」という言葉をご存知でしょうか?
さまざまなメディアでもたびたび取り上げられている「睡眠美容」とは、寝ている間に美容に良いホルモンをしっかり分泌させることで、グングンとキレイになれる美容方法です。
「ただダラダラ寝るだけで美容になるの?」と半信半疑の方もいるでしょうが、「睡眠不足はお肌の大敵」という言葉があるように、しっかりと眠ることは美容のためにも推奨されています。
そこで今回は、睡眠と美容の関係と、キレイになるための睡眠のコツについて、医師が詳しく紹介します!

【毎日しっかり眠ってる?】

何かと忙しい現代。毎日やることがたくさんあって、ついつい睡眠時間が短くなる……、そんな人も多いのではないでしょうか。
しかし、睡眠と美容の関係性は深く、寝不足の日々が続いてしまうと、大人ニキビや吹き出ものなどができやすくなるなど、肌トラブルの原因にもつながります。

一方、良質な睡眠をとると、美容向上やアンチエイジングに欠かせない「成長ホルモン」と「メラトニン(睡眠ホルモン)」という2つのホルモン物質が分泌されます。実は、睡眠によって分泌されるこの2つのホルモンが、美容と深く関わっているのです。

<成長ホルモンとは>
成長ホルモンとは、主に骨や筋肉など、身体の発育を促す働きをもつホルモンです。また、疲労回復や細胞の修復を助けてくれるとされているため、美肌のためにも欠かせない働きをしてくれます。
成長ホルモンは、眠りに入ってから2〜3時間経つと分泌され始めるといわれます。この間に肌質を向上してくれることから、美容家たちの間ではこの時間を「美容のゴールデンタイム」と呼ぶことも。
成長ホルモンをしっかり分泌させるためにも、きちんと睡眠をとることはとても大切なのです。
また、成長ホルモンには脂肪分解や糖の代謝を高める作用もあるため、ダイエットのサポートにも役立ちます。

<メラトニン(睡眠ホルモン)とは>
メラトニンとは、睡眠を促し体内時計を調整する働きをもつホルモンで、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれます。睡眠時にメラトニンが多く分泌されることで良質な睡眠がとれるとされています。
実は、メラトニンにも美容に役立つ働きがあるとされています。メラトニンには強い抗酸化力があり、アンチエイジングに役立つといわれているのです。
また、メラトニンは成長ホルモンの分泌をサポートする働きももっているため、美容向上やダイエット効果を上げるためにも欠かせません。
メラトニンの原料は、「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」。セロトニンは、太陽光を浴びることで作られますので、メラトニンを分泌させるためには、日中セロトニンをしっかり増やしておくことが大切です。



PICK UPピックアップ

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2021年11月号]

11月号

発売日

2021年 09月 18日