【血液型診断テスト】血液型別「出会いのチャンスが多いタイプと少ないタイプ」とは?

2022.05.18








1.A型
A型の人は、よく自分の言動を振り返って反省します。そのため、過去に誰もが経験するような、出会いでの苦い思い出がトラウマとなっているようです。これではせっかく良い出会いがあっても過去のトラウマに捕らわれ、思うように身動きがとれないでしょう。
その結果、出会いの場でも極力目立たないよう控えめな行動になってしまい、自分からチャンスを手放してしまうこともしばしば。相手から積極的に歩み寄ってくれない限り、人間関係が広がっていかないタイプです。


2.B型
いつも神経が外に向いていて、周囲の変化を敏感に読み取れるB型。相手から接してくるのを待つだけでなく、自分から貪欲に接近していくので、最も出会いのチャンスが多くなるタイプです。
また、ただ単に行動派というだけでなく、巧みな話術で相手の気持ちを惹きつけて離しません。積極性と経験値の高さを武器に、多くの出会いから広い人脈をどんどん作っていくでしょう。ただし、飽きっぽい性格なので、浅い人づき合いが多いのもB型の特徴です。


3.O型
やや協調性に欠けるO型は、多くの出会いには恵まれるものの、そのチャンスを人脈づくりに活かしきれないタイプです。どうしても相手に合わせることができずマイペースになってしまうので、この状況が続く人なら、いずれ出会いにも臆病になってしまうでしょう。
O型の人が極端にインドア派とアウトドア派に分かれてしまうのも、マイペースであるがゆえ。周囲に理解者が多ければ心配ありませんが、浮いているように見えるなら、サポートしてもらうことが必要です。


4.AB型
新しく人間関係を築くことに慎重なAB型。常に冷静さを失わないので、新しい出会いに対しても非常にクールに接するでしょう。そのため、心を開かないAB型に対して、心を開いてくれる人はそうはいません。上手くいかない過去の経験が、AB型をさらに出会いから遠ざけてしまうようです。
本来出会いが多いタイプではありませんが、放っておくとどんどん孤立していってしまうかも。周囲のサポートがない限り、出会いのチャンスが増えることはないでしょう。



【監修者プロフィール】

御瀧 政子(みたき まさこ)
チャネラー。スピリチュアルカウンセラー。作家。
家系的なスピリチュアルの能力を受け継ぎ、幼少期より潜在的な能力を人のために役立てたいと願う。中国中央民族大学、カナダPacific Language Instituteをはじめ、インドやスイスなど、海外40数カ国へ留学または修業のために長期滞在し、独自の視点から人の『心』に注目して、心理学、血液型分類、各占術、統計学等についての研究を行ってきた。
現在は主に『心』『心理面』 をテーマに、個人や企業へのカウンセリングやコンサルティング、瞑想指導、講演活動を行うことで、幸せと成功へのナビゲーターを務める。
著書70冊以上。『だからB型だって言うな!』など、血液型関連の書籍シリーズでは累計55万部を販売。『とくダネ!』血液型選手権監修。


▼そのほかのおすすめ診断テストはこちら





PICK UPピックアップ

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2022年9月号]

9月号

発売日

2022年 07月 20日